ビル管理会社の特徴と必要性

ビル管理会社の特性と利用の必要性を説明します

ビル管理会社の主な特徴と委託するメリット

基本的に行われる主な業務について

ビル管理会社と言われても実際的にどういったことをする会社か見当が付かないという人も多いといえるでしょう。それに加えて、様々な種類があり、職場内容や立場がかなり違うこともあります。基本的にビル管理会社ついては、施設の管理、あるいは維持のために、清掃並びに設備点検それから、修繕や警備などを実行することになります。

しばしば商業施設、あるいはオフィスビルなどの清掃を行っている方たちを見かけることがありますが、こういった業務を実施する会社だと考えればわかりやすいといえるでしょう。こうした仕事を自分達で実施することはせず、委託しているビルのオーナーも拡大しています。オーナーが個人のケースでは一人の力で行うのは骨が折れますし、企業がオーナーであっても関係のない業種のケースではノウハウがありませんので非効率です。ですから、委託している場合が少なくありません。 なお、分譲マンションのケースはマンションの業務を委託されています。契約の中身によって、清掃、あるいは設備点検なども実施しますが、管理費といった金銭に関する業務も取り組む点に違いがあります。

オーナーが委託すればスムーズに運営できます

オフィスビルにおいては、必ずといっていいぐらいオーナーがいます。オーナーは不動産会社に対してテナント募集を頼みます。そうして、テナントが決定しテナントが入りますが、それのみでは、営業に取り組むことが出来ません。オフィスビルは、いずれのテナントにも属していない共用部分が存在します。加えて、テナント内を通過している配管なども存在しているかもしれません。こうした配管につきましては、テナントがコントロールするわけではありません。共用部分のオーナーである保有者が直接の運営をします。しかしながら、オーナーが一切合切自分自身で共用部分の運営を出来るということはありません。そのため、オーナーは管理会社へと委託することになります。管理会社については、オーナーに代わり、空調設備や給排水設備、さらに電気設備などを管理することになります。それに加えて、会社が自身ではとても難しい特殊設備、ひとつの例として、エレベータや自動ドアそれから、放射線設備は、専門業者へと点検を依頼することになります。以上のように、委託すれば、オーナーは専門的な知識がなくても、ビルを保有し管理出来ます。加えて、テナントサイドから修繕を請われることがあります。一例として、電球交換であるとか、排水不良の改良などです。こうした場合も管理員が応じることになります。

人気記事ランキング