ビル管理の業務内容および特徴

ビル管理の勤務内容並びに特有性を説明します

ビル管理の就労内容及び主要な特徴とは

実際に就業する業務の主な特徴について

ビルは、多種多様な目的で利用されるビッグサイズの建物です。百貨店、あるいは劇場、映画館といった商業施設もあれば、いくつものオフィスが入っているオフィスビルも存在します。ビル管理と言いますのは、利用する人が長時間にわたって過ごしやすいように設備をメンテナンスすることが、メインの業務の内容です。加えて、床面積が3000平方メートルをオーバーする場合は建築物における衛生的環境の確保に関する法律により、運営方法が規定されています。そして、ビル管理につきましては、裏方の仕事と言え、目立つ事はないが、なくてはならない業務です。スケールの大きいメンテナンスなどは夜に行われる割合が高いので、勤務スタイルは24時間体制が多いでしょう。もっと、商業施設等は曜日に影響されずに仕事があるところが基本です。それ故、お盆もしくはお正月など社会が休みの時でも業務があります。また、こまごまとした業務非常に多いことから、器用で1人作業が苦にならない方が相応しいでしょう。さらに総括的立場を担うようになると、コミュニケーション力も求められます。

ビル管理の業務は、専門会社へと就職するか、数多く運営している会社へと就職するのが通例です。また、仕事は募集年齢が広範囲なので、ひとたび募集が出てくると応募する人が殺到するケースもあります。仕事は、原則として24時間から36時間勤務になります。要するに、勤め先に泊まりこんでの仕事になります。 コミュニケーション力が求められる勤務場所も少なくありませんので、縁の下の力持ちとして設備点検のみしてればよいと考えていると、ギャップで苦しむかもしれません。資格取得しておけばアドバンテージになりますが、勤めていると会社が資格取得をフォローしてくれる場合があります。

働き甲斐および勤務場所の相違点

ビル管理の業務内容は、目立つことはありません。しかしながら、メンテナンスの業務につく人が存在しなければ、安全にビルで勤めることはできないでしょう。そうしたポイントから見ると、取り組みがいのある業務内容といえます。 それに加えて、勤務場所によって忙しさに開きが大きいといえます。築年数自体が浅く、トラブルがあまりないビルは真夜中の勤めの殆どが仮眠時間という所もあるでしょう。それとは反対に、夜間しか保守や点検の時間がないデパートにつきましては、あまり寝る時間もありません。従って、自分自身のスタミナと相談して勤務場所を選択したり、派遣してもらいましょう。 因みに、勤めながら求められる資格を取得していくという手法を取れば、仕事及び資格取得が共存でき易いです。

人気記事ランキング